多機能な腕時計は使いこなす事が出来てこそ価値がある

Pocket

最近では携帯電話で簡単に時間を確認する事が出来てしまう為、私は腕時計を使用する事が殆どありません。冠婚葬祭などの際に携帯電話をいちいち時間の確認の為に取り出す事はマナー違反である為に、そういった時に使用する為のシンプルな腕時計を一つ持っているだけです。子供の頃は多機能なデジタル腕時計にとても憧れた時期がありました。最近では携帯電話の普及によって、そういった物をつけている人を余り私の周りでは見かける事はないのですが、それでもやはりそういった時計には時計の良さがあります。それ故に全くなくなってしまう事なく今日に至っているのです。過去には私も多機能なそういった時計を持っていた時期もありましたが、中々全ての機能を理解して使いこなす事が出来ませんでした。せっかく沢山の機能が搭載されていたとしても、それをしっかりと使いこなす事が出来なければ意味がありません。私の場合には結局時間を確認する為のツールとしてしか使用する事がなかった為に、余りにも多機能な物は勿体無いという判断に行き着きました。しかし人によっては色々な機能が多彩に搭載されていた方がより使い易く便利であると感じる人もいるかもしれません。見た目の好みの問題もあるかしれません。私は余りごちゃごちゃとボタンなどが沢山ついている時計を好まない傾向にありますが、そういった時計をお洒落なアクセサリーであると考えてつける事を楽しむ人であれば機能性以上に見た目で需要が発生してくる事でしょう。